Helinoxチェアワンをエマール+オキシクリーンで洗濯機にポイ⇒特に問題なくきれいにできました!(※ただし正式な手入れ方法ではないので自己責任で)

アウトドア

ヘリノックスヘビーユーザーのむにおです。

今回は、6年ほどの酷使で汚れっちまったチェアワンを、洗濯機で丸洗いしようという野蛮な企画です。

注※この記事では丸洗いしてみていますが、正しいお手入れの方法ではありませんので、ご自身で是非を判断してくださいね。洗濯機が壊れたり、チェアワンが壊れても僕は責任持てません。正しいお手入れの方法は、モンベルのサイトから取扱説明書を見ることができるので、そちらを参照してください。

現在、日常生活での座椅子としても使用中

靴下は正直微妙

最初は多くの人と同様、緊急事態宣言期間に家でキャンプ気分、などと思って家具として取り出したチェアワン。

ですが、うちにはソファなどがないため、くつろぎスペースとしてそのまま普段づかいに移行して早1年が経とうとしておりました。

部屋での使用時にフローリングに傷がつくのは避けたいので、100均で見つけたイス用の靴下を履かせています。実用的ではありますが、あんまりかっこよくはないですね。

焚き火の煙などで結構汚れている

キャンプ用のチェアとかって意外と汚れてるんですよね。焚き火の煙や炭、バーベキューで跳ねた油だったり、食べ物や飲み物をこぼしたりとか、体から出る汗や皮脂汚れなどなど、さまざまな環境にさらされ続けています。

普段づかいし始めてからというもの、ほぼ毎日のように座っているので、かなり汚れているような感じがありました。

今回の洗い方:エマールとオキシクリーン

デリケート(?)なのでエマールを使います。ついでに、きれいになることを祈って、この間買ってみたオキシクリーンも投入してみます。量はそれぞれ表示に従って入れてください。

うちの洗濯機の場合、0.4杯分と表示が出たのでだいたいそのくらいで調節して入れました。オキシクリーンも同様です。

優しく洗わないといけないので、きちんとたたんで、洗濯ネットに入れます。ついでに収納袋も中に入れていっしょに洗っちゃいました。

洗い時間については少し悩みました。長くしすぎると生地を痛めちゃいそうですが、あまり短いのも微妙そう。

最終的に、3分⇒すすぎ1回⇒脱水1分、としました。

おしゃれ着コースでいいんじゃないか説

ちなみに水温は28℃でした。真夏の水温って、意外と温かいんですね。

乾燥させる

いちおう公式には直射日光に当てず、陰干しと記載があります。

1分程度の脱水でも、かなり水が切れている様子。もしかして、おしゃれ着モードで洗ったほうが良かったのか・・・?と後悔してもすでに後の祭り状態。

洗濯機を回している間に外の天気が荒れてきたので、扇風機の風に当てながら部屋干しで完了です。

洗濯の結果

いい感じに汚れが落ちてます。特に壊れたりほつれたりしている部分もない模様。

また、手触りもさらりと戻った感じになっています。これはグーです。

ひとつ、気になる点

たぶんですが、あんまり激しく洗いすぎると、フレームに引っ掛ける部分が破損してしまう恐れがあるのではないか?と思いました。

ここは樹脂部品でしょうか。いつかは壊れてしまう部分かとは思いますが、十分注意する必要がありそうです。

なので、洗濯機で洗うときは短時間の弱水流(おしゃれ着洗いモードなど)を使ったほうがいいです。

おわりに

white textile
Photo by Skitterphoto on Pexels.com

今回は、Helinox チェアワンを洗濯機で丸洗いしてみたんですが、ぶっちゃけ全然問題ないと個人的には考えてます。水洗いすることで劣化する部分はもちろんあるかとは思いますが、そのへんを気にしないのであれば一番ラクな選択肢かと。

キャンプ場で毎回、使用後に水ぶきして乾燥させておけば、そんなに汚れたりということはないとは思います。手入れの方法としてはこれがベスト。

そもそも汚したくない人は、カバーを着用して座るのがいいかもしれません。家で普段づかいならなおさら。検討しようかな。

冒頭にも書いてますが、これは正しいお手入れの方法ではありませんので、ご自身で是非を判断してくださいね。洗濯機が壊れたり、チェアワンが壊れても僕は責任持てません。正しいお手入れの方法は、モンベルのサイトをチェックしてください。

というわけで、ここまでお読みいただきありがとうございました!へば!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました